最新レーシックの研究所



報道されない真実!
コンタクトレンズを長期に渡り使用すると眼は充血しやすくなり、コンタクトレンズの傷が修復されにくくなります。さらに眼の痛み、眼の渇きが恒常化します。
角膜内皮細胞は、コンタクトレンズを5年間、連続使用すると10%も減少します。
健康な内皮細胞は単位mm2当たり3000〜3500個ありますが、コンタクトレンズの装用年数が20年以上の場合、1000個を下回る可能性も十分あります。
2000個を下回ると、痛みと渇きでコンタクトレンズを装用できなくなりますが、無理に装用を続けていると、やがて失明という事態にもなりかねません。  
あなたは、何歳からコンタクトレンズを使用していますか?
痛みを我慢して、無理に装用を続けていませんか?
最近、眼の渇きは激しくありませんか? 
コンタクトレンズと視力回復手術どちらを選択しますか?
レーシックは角膜の内部を削る事で屈折力を変え視力を回復します。
コンタクトの長期使用で角膜が薄くなってしまった方、細胞が死滅している方は、レーシック不適合になってしまいます。

一生コンタクトレンズを使用する事はできません。あなたはコンタクトレンズと視力回復手術どちらを選択しますか?

今、日本では約1500万人がコンタクトレンズを使用しています。より快適に過ごすために、コンタクトレンズの性能やケア用品などは大きく進歩している一方で、不適切な使用やレンズケアによって、眼のトラブルが確実に増えています。日本眼科医会が平成14年に行った調査では、1年間に約150万件ものコンタクトレンズによる眼障害が起きていると推計されます。残念ながらレーシック手術は、10人に1人が不適応となってしまいます。

視力で悩んでいる方、ご自身の現在の眼の状態を知るためにもまずは無料の適応検査を受けましょう。
イントラレーシックの適応検査は各クリニック 錦糸眼科 品川近視クリニック神戸神奈川アイクリニックで受け付けております。
万が一、レーシックが不適応だった場合、今後の眼の事を考え、コンタクトレンズの使用頻度を減らした方が良いでしょう。 
<注意事項> コンタクトレンズは大変手軽な視力矯正装置ですが、リスクの高い「高度管理医療機器」(クラスV)に分類されています。



2005年1月、米国海軍医療センターは「イントラレーシックでの治療を受けた兵士は従来のレーシックよりも光の感受性が強く、視力回復の時間も大幅に短縮し、全ての期間でコントラストや視力もレーシックより優れていた」と発表しました。2006年12月、米国国防相は、陸・海・空・海兵隊など屈折矯正治療を希望する全ての軍人にはレーシックではなくイントラレーシックを受けさせると発表しました。

また、これまで米軍パイロットにはレーシックを含めて全ての屈折矯正治療が禁じられていましたが、しかし、2007年5月、米海軍によってイントラレーシックが初めてパイロットに認められました。過酷な条件下で優れた視力を要求されるパイロットにイントラレーシックが認められたのは画期的なことです。
2007年、わが国でも臨床治験が始まり、世界的にもイントラレーシックが急増しています。
数年後にはほとんど全ての症例がイントラレーシックに代わると考えられています。
◆ 錦糸眼科より引用 ≫

品川近視クリニック
 
錦糸眼科
 
神戸神奈川アイクリニック

 適応検査無料  適応検査無料 適応検査無料 


<不安を解消> 人気の錦糸眼科へレーシックについて質問しました。詳細はこちら >>
 

 
Copyright (C) 最新、レーシック手術 人気クリニック@徹底比較 All rights reserved
このWEBサイトは株式会社がじゅまるが運営しています。免責事項